【一眼レフで桜を撮影】キヤノン EOS 80Dで撮影した桜の写真!


どーも!省吾です!(^^)!


最近発売されたEOS Kiss Mによって、80Dの存在が脅かされています(>_<)
80Dだってかなり高価なカメラなんだぞー!(>_<)


しかし、ペンタプリズムの光学ファインダーは実質80Dからしか搭載していません。。
というより2ケタ機
通常、低価格のデジタル一眼レフはペンタミラーのため、プリズムよりファインダー内の明るさは落ちます。


ということで


桜の季節もそろそろ終わりです。
ということで、今回はCANONのEOS 80Dで撮影した近所の公園の桜の画像を公開したいと思います。


JPEG撮って出しです。
ちなみにレンズはキットレンズの『EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS STM』です。







ホワイトバランスがめちゃくちゃですが…(;^ω^)


住宅街の中の比較的小さな公園の桜なのでできるだけ周りを写さないようにしました。
子供たちもよく遊びに来る公園なので、あまり大きなカメラを持って撮影するのは気が引けました。(;^ω^)
はい。かなりチキンです(*´з`)


一眼レフ初心者あるあるではないでしょうか。


しかし、スマホやコンデジでは撮れないような雰囲気が出ているのではないでしょうか?(*´з`)
センサーサイズも一眼レフなりの大きさがあるので私のようなド素人が頑張って撮影してもこんな感じになりました(;^ω^)



でわでわ(^^)/



スポンサーリンク

人気記事