シャープのCDラジカセ【TQ-C600】カセットデッキとCDの音飛びを修理

カセットテープの音が出ないのとCDの音飛び

どーも!省吾です!(^^)!


この前手に入れた
SHARPのCDラジカセ【QT-C600】


再生専用カセットデッキ1のほう、
テープを再生すると一瞬だけ音が出てそのあと無音状態。


再生・停止を繰り返すと数回に一度は正常に音が出る(;^ω^)
どうやらヘッドの配線が接触不良を起こしてしまっているみたい…


それとCDの音飛び


完全動作しないと気持ちが悪いのでとりあえず分解します!(^^)!

分解


うら側のネジを外して本体を真っ二つにします(=゚ω゚)ノ


いや~
ここまでは慣れましたよ~(;^ω^)


カセットデッキの修理

本体の上に面する部分にメイン基板、カセットデッキが付いています。
この基盤も外します!


Wカセットデッキメカ!

1モーターで両方のカセットデッキを駆動する仕組みです。
ついでにベルト類も交換しようと思ったのですが、というより交換してみたのですが、手持ちに一回り小さいベルトしかなく、試しにはめてみると見事に両デッキで再生スピードが違う…


1モーター式ですのでモーターの回転スピード調整ではどうにもなりません。
このタイプのデッキでゴムベルトを交換するには元々付いていたのと同じ直径のベルトに交換する必要がありました。なので今回は断念!

ちなみに、デッキ1とデッキ2ではキャプスタン用ベルトの直径が違います。


1モーター式だと両デッキでテープスピードが同じになるので、
テープ同士のダビングでは有利な気がします。


この機種では両デッキで再生ボタンを押すと再生専用のデッキ1が優先されて音が出ます。


話を戻して肝心のヘッド部。
状態はきれいです!
あまり駆使された感がありません。


製造後20年以上たっているのにすごいですね!(^^)!


ヘッドはねじ止めではなくカチッ!っと爪で固定するタイプ。
アジマス調整はできません。
なのでヘッドの着脱も比較的簡単です。


たぶん
ラジカセなので気が付きにくいですが、、


アジマスずれまくり…(;^ω^)


ヘッドの裏側。
見ただけではわかりませんが接触不良をおこしています。
再生・停止の繰り返しでヘッドが上下することにより接点に負荷がかかっているのでしょう。。


これだけ年数が経てば仕方ないです。

今回はハンダを付けなおして終わりです!

CD部の点検

CDの再生時に音が飛ぶ!


CDの再生テストしているときに、まれに音が飛ぶことがあります。
こういう場合は光ピックアップが弱っていたり、
ホコリによるエラーだったりするが。


どうやら原因はこれ!


ピックアップを動かすモーターに付いているプラスチック製のギア。
これが縦に亀裂が入っており、
亀裂の部分で山のピッチがかみ合わずスムーズに動かない。
というのが原因のようです。。


拡大してみるとこんな感じ…
縦に割れている…(=゚ω゚)ノ


山11個の直径5mm、
高さ6mmのギア


検索しても同じものがヒットせず…( ;∀;)


まぁ、急ぎではないのでゆっくり探そうかな…と。(;^ω^)

今回は
とりあえず接着剤で補修!(^^)!

組み立て

メイン基板を外したので
本体に付いているラジオ周波数の表記と受信しているラジオ局がずれてしましました。

それを修正するために、受信できるラジオ局をすべて確認して表示位置を微調整する作業に時間がかかってしまいました(;^ω^)


結果、

妥協点を見つけてなんとかオワリ!



まいど毎度のインチキ修理でした(/・ω・)/

まとめ

さすがにかれこれ20年以上経過しているので不具合は仕方がありません。
しかし、けっこうタフでまだまだ使えそうな状態に正直びっくりしました。


カセットデッキ部は早送りや巻き戻し時の動作音が小さいので近年のラジカセに比べるとコストがかかっているみたいです。


ただ、
ヘッドは再生と停止を繰り返すことで何度も上下に動かされるので配線は傷みやすいです。


CDプレーヤーの音飛びもすぐにピックアップレンズを疑いがちですが、
意外にギア関係の可能性もあります(;^ω^)


 でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事