エイサーのノートパソコン【Aspire E3-112】を分解!CPUはCeleron N2840

オンボードのCPU【Celeron N2840】


どーも!省吾です!(^^)!


以前よく使っていた小型のノートパソコン。
ウルトラブックっていうのかな?


acerのAspire E3-112-F14C/Sという機種




電源が入らなくなってしばらく放置していました。
もう使う機会はないので中を開けてCPUが見てみたい!
と思い立ったのです!(=゚ω゚)ノ



裏側の13個ネジを外します。。


赤い丸の部分には元々シールが貼ってあり、このシールを破ったり剥がしたりすると保証しないよ!という何とも恐ろしいトラップが仕掛けてあるわけでございます。。


もうずっと前に剥がしました( *´艸`)



何度か内部にアクセスしています。
内部の約半分はバッテリーです。


11.4V
3090mAh


駆動時間は約5時間。


それにしてもマザーボードが小さいですね(;^ω^)
このパソコンにWindows10をのせていました。


左上のスペースには3.5インチHDDかSSDが入ります。


丁寧にも矢印が書いてあります。
この矢印3か所のネジでマザーボードが固定されています。


裏側にCPUとDDR3のメモリーソケットが付いています。
ちなみにファンレスです。


SSDとの組み合わせで完全駆動系なしになります!


ネジ3つで止められているCPUのヒートシンクを外すと出てきました!(^^)!


オンボードのCPU
Celeron N2840(Bay Trail)
2.16GHz/2コア


名前こそセレロンではありますが、どちらかというとAtom系です。


省エネ重視のCPUです!


使用していたころは250GBのSSDに8GBのメモリーを積んでいたのでネットくらいならそこそこ快適でした!(^^)!


見たことあるカニのマークのチップがあります。
これが噂のRealtekのオーディオ用チップです。


マザーボードの電池はリチャージブルのML1220 です。
こちらも交換済み。


このパソコン
2014年発売のモデルですが、当時でもそこそこの性能ですが一昨年中古で購入し、今となってはさらにそこそこ以下の性能です。(;^ω^)


11.6型と持ち運ぶには便利なサイズですが、CPUの非力さは否めません。
出来ればCore i3は欲しいところです。


格安モデルなので仕方ないところではありますが…


でも
外出先でブログを書くにはちょうどいいかも…


今では外用はiPadでまかなえているので
必要になったらこのくらい小型なパソコンがまた欲しいです!(^^)!


でわでわ(^^)/


スポンサーリンク

人気記事