JVCケンウッドの耳掛け式(アームレス)ヘッドホン【HP-AL202】がなにげに良かった!

広告

どーも!省吾です!(^^)!

ポータブルMDプレーヤー用のイヤホンが欲しいな。といろいろ探しておりました。

ポータブルMDプレーヤーと言えば、本体とイヤホンの間に『光る液晶リモコン(笑)』が付きますよね(=゚ω゚)ノ

リモコンを間に挟むのでコードの短いイヤホンを探していました。

しかし、種類がかなり少ない。

2000年代は量販店でもよく見かけたのに…

現在の主流がデジタルオーディオプレーヤーやスマホなのでそれらにはこういったリモコンが基本ありません。なので、販売の中心はコードの長さが1.2mのものばかりです…(>_<)

リモコンにコード長1.2mのイヤホンをつなぐと長すぎてつらい…(T_T)

余ったコードを巻き取るリールを使えばいいのですが、なんせその分の重さでイヤホンが耳から外れやすくなるかも(;´・ω・)

ということで必死こいて探していると良さげなものを見つけました!(^^)!

JVCケンウッド(元・ビクター)の耳掛け式ヘッドホン!リワインド Be! HP-AL202

当時を思い出してカッコよさについ買ってしまいました!!(^^)!

開封

耳掛け式は他のメーカーからもいくつか販売されていますが、こちらは何といっても”コード巻き取り式”です。

つまり、自分の必要な長さだけ引っ張り出すことができるというスグレモノ!

コードの長さを最大で1mまで伸ばすことができます。

店頭ではブラックとホワイトの2色でしたので、ブラックをチョイス!

プラスチック感は否めませんが、しっかり作ってある印象です。

本体の質量が40グラム(コード含まず)。

他メーカーではもっと軽量なモデルもあるためこちらは決して軽くはないです。

でも、現行のこのタイプには珍しい密閉型イヤーパッド採用で音漏れは比較的小さい方だという…

アームレスヘッドホンなのでそれなりに音漏れはします。期待してはいけません…はい。(;^ω^)

L側から伸びるネックコードとプラグコード。こちらの上位機種のHP-AL302は『ダブルコード巻き取り式』でネックコードも巻き取ることができます。

プラグコードはプラグをここに差し込めば巻き取られます!

必要な長さだけ引っ張り出せて、収納時はコードを巻き取ります。カバンの中で絡まらないので便利です!

コードを最大に引っ張ると掃除機のコードのような黄色い印が出てきました(/・ω・)/

でもかなりコードが細い気がします。巻き取り式なので仕方ないとは思いますが…

画像ではわかりにくいですが、下がSONYの純正イヤホン。純正イヤホンの片方のケーブル分くらいの太さしかありません。

耐久性がシンパイ…(;^ω^)

肝心の音質

密閉型のおかげか、耳掛け式にしては低域も聞こえます。

耳掛け式って構造上どうしても耳との間に隙間ができてしまって軽い音だったりします。

しかし私が使ってきた中では低域から高域にかけてバランスが良い印象です。ただ、音量を上げすぎると盛大に音漏れするので注意が必要です(=゚ω゚)ノ

SONYのイヤホン【MDR-EX155】
省吾のブログ~今日も雑談しましょうか!?

まとめ

いつもメガネの私にとっては、耳に引っ掛けるクリップがあるため使用中にメガネが落ちないか心配ではありましたが大丈夫なようです。

そこはメガネの形状や耳掛け部の材質によって差があるので何とも言えません。。

しかしこのヘッドホン、2006年7月発売のロングセラーモデルということに驚きましたが、耳掛け式としての使いやすさ、音質は現在でも通用する実用性で納得です!(^^)!

でわでわ(^^)/