CPUを交換したらグラフィックスのドライバーもアップグレードしよう!

広告

インテル® HDグラフィックスからHDグラフィックス 4000へ!!

どーも!省吾です!(^^)!

以前に紹介した、ノートパソコンのCPUをCeleron 1000MからCore i3-3120Mに載せ替えた記事がありました。

その時にインテルのグラフィックス・ドライバーもアップグレードしました。

今回はそのときの方法を紹介したいと思います。参考になれば幸いです(*´з`)

※Core i7-3610QMも【インテル®HDグラフィックス 4000】なので、Celeron 1000M→Core i7-3610QMに載せ替えた場合もこちらの記事を参考にできると思います(*´з`)

インテルのサイトからグラフィックス・ドライバーをダウンロード

ドライバーのダウンロードページは
こちら

インテルのサイトにとびます。。

こちらのページにアクセスできました。

iPadを使ってページを表示させたものですが、PC版と変わらない表示なので参考になると思います。(;^ω^)

下にスクロールして、

載せ替えるCPUの世代を選択してください。

Celeron 1000MとCore i3-3120Mは第3世代のCPUなのでこちらをクリック。

Core i3-3120Mはインテル®HDグラフィックス 4000を使います。

次のページの下に【すべてを表示】があるので詳細が表示できます。

OSの欄の使っているOSを確認します。私はWindows10の64ビット版なので上の項目を選択します。

ダウンロードファイルがWindows10の64ビットかを確認して今回はプログラムが自動的に実行される『.exe』ファイルを選択しました。

インストール

画面下の表示の『実行』を選択。

インストールウィザードが起動します。画面に沿って進めてください!

グラフィックス・ドライバーのインストール画面に切り替わります。こちらも画面に沿って『次へ』で進めてください。

さいごに再起動を選択して『完了』。パソコンが再起動します。!(^^)!

インストール方法は簡単ですね!(^^)!

まとめ

CPUをCeleron 1000MからCore i3-3120Mに載せ替えたらグラフィックス・ドライバーもアップグレードしよう。ということでした!

先ほどのインテルのサイトによると、

インテル®HDグラフィックス 4000はCeleron 1000Mでも動作確認されているようなので、CPUを載せ替える前にアップグレードしてしまってもよさそうです!(^^)!

でわでわ(^^)/

関連記事
ノートパソコンのCPUをCore i3-3120MからCore i7に載せ替え!
省吾のブログ~今日も雑談しましょうか!?