ダイソーのワイヤレスマウスってどうなの?

300円商品でコスパはかなり高い!

どーも!省吾ですV(^^)V


年々レベルアップしているダイソーの商品ですが、
iPhone用の画面保護ガラス、USBミニスピーカーなどを当ブログで紹介してきました。



で、今回はなんと



ワイヤレスマウスを発見してしまいました(∩´∀`)∩



こちらは(税別)300円商品。


今まではたしか
通常のUSB有線マウス(108円)は売っていました。。



なんと、ワイヤレスマウスまで…(;^ω^)



迷わず買ってきました!


開封・紹介



見た目は値段なり。という感じです。


このUSBレシーバー(パソコンのUSB端子に接続する方)
かなり小さい…




無線の周波数2.4GHz帯域を使用しております。




ロジクールの無線キーボード(K230)のUnifyingレシーバーと比べてみても大きさはほぼ同じ…(=゚ω゚)ノ
※右がロジクールのUnifyingレシーバー


びっくりしました。。



本体裏部分。


電源スイッチと読み取り部分、電池ボックスがあります。



電池ボックスの下の穴にUSBレシーバーが収納可能とのこと。

少しだけ飛び出ます。。



電池は単4形乾電池を2本使用します。


他のメーカーでは
単3乾電池1本で駆動できる製品もあるので
こちらは多少電圧が必要なようです。。


使用電池が単4形であるためか、2本でも特別重たいとは感じません。



CPIの切り替えにも対応しており
800・1600・2400の
3段階の切り替えができます。


ちなみにCPIの切り替えとは
マウスを動かしたときにマウスポインターが動く速さが変えられるアレです(*´з`)


数字が大きいほどマウスを少し動かしただけでマウスポインターがたくさん動きます。


そして
ホイールはクリックにも対応しており
ホイールをクリックしてマウスを上下に動かすと自動スクロールができます!(^^)!



いや、、

ここまでくるともはや普通に使えるレベル(;^ω^)

使用感


では、実際に使ってみてどうか…
ですよね(=゚ω゚)ノ


パソコンにUSBレシーバーをさすと自動で認識してくれます。


……

普通に使えるレベルなので、
あえて問題点を挙げると、


マウスポインターが画面の端っこまで行ってしまったとき、一度マウスを持ち上げてまた操作すると思いますが、持ち上げた時、画面上のマウスポインタ―がふらふらと謎の挙動をしてしまします。


おそらくセンサーの感度が高いのだと思いますが…。。


文章作成などには特に支障ないと思います。
この記事もこのマウスを使用して作成しています。。

ただ、ストレスたまる人もいると思います。
万能型ではありません。


遊びで購入するのが良いと思います!


まとめ


しかし
ダイソー恐るべし(=゚ω゚)ノ


見つけたら衝動買いしてしまうレベル…


他に300円くらいでワイヤレスマウスってあるのかな…(;^ω^)


コスパはかな~り高いと思います!


でわでわ(^^)/



スポンサーリンク

人気記事