ソニーのCDウォークマン【D-EJ885】のホワイトを入手!ニコイチで復活させた


どーも!省吾です!(^^)!


新たなものを中古で手に入れました!(笑)

SONYのCDウォークマンD-EJ885を手に入れた

SONYのCD WALKMAN D-EJ885です!


2002年11月発売。
MP3やATRACには非対応です。


アナログアンプ


状態…ジャンク
再生できません。。


価格は…
忘れました(;^ω^)
たしか、千円くらいだったと思います(;^ω^)


付属品は
液晶付きリモコン、外部電池ケース、純正のイヤホンです。


リモコンが付属されているのは貴重ですね。
中古だとリモコン無しが多いのですが、この手のプレーヤーはリモコンで曲目の表示や細かな設定ができるようになっているので、リモコン無いと不便です(;^ω^)


スタンドが付属されていたのですが、なぜかソニーのデジタルカメラ、サイバーショットのものでした(;^ω^)


ACアダプターは家にある適当なものを使えばいいので無くても大丈夫です。多分…(^^)

ということで、状態をチェックしていきます。。。



外見はけっこうきれいです!(^^)!


内部にはG-PROTECTION(音飛び防止機能)の2段階調整スイッチとAVLS(音量制限機能)のON/OFFスイッチがあります。


音飛び防止機能を完全OFFにはできないようです。





内蔵する電池は定番のガム型ニッケルを2本。


外部の電池ケースにより単三乾電池2本でも動きます。


調べるとどうやらこの電池ケース、コードに不具合があり稀に乾電池ケースが発熱・変形する恐れがあるとしてリコールの対象になっていました(=゚ω゚)ノ



って、今更ですのでそのまま使います(;^ω^)



リモコンも、ICも一応は生きているみたい…


しかし、
CDを認識しません。
というより、認識しようとすらしません(;^ω^)


開けた状態で確認すると
ピックアップからレーザーが出ていません。


どうやらピックアップがダメみたいです(>_<)
※(ピックアップレンズから出力されるレーザー光を直接覗かないでください!)



とりあえず
分解、清掃をします!


内部のガム型電池ケースは、液漏れ…でした。。


電池を出し入れする必要なく、入れたまま充電・使用を繰り返せるので、そのうちガム型電池が寿命を迎えて知らずのうちに液漏れ…


当時のポータブルプレーヤーではよくあることです(;^ω^)



ひどい状況です(>_<)


とりあえず大まかに磨いて、
接点復活剤でクリーニングします!


直接スプレーすると飛び散るので
綿棒に付けて拭きます!(^^)!



きれいには落ちませんでした(>_<)

ソニーのCDウォークマンの内部画像

内部をごっそり。


どうやら
まえのユーザーさんはあまり使用されていなかったのか、けっこうキレイです!(^^)!



ピックアップの裏側。


オークションにて格安品を探し、ニコイチで復活を目指します!(^^)!


とりあえず
ピックアップが生きていればいいので、再生可能なのをポチります。


同型機種を無事落札しました!(^^)!







今回はヤフオク!にて1000円ほどで落札できました。


再生できます。
付属品無し。


蓋がすぐに閉じる…
だそうです(^^)


私が欲しいのは中身なので再生できればOK!


ということで

状態を確認します!(^^)!



ヒンジ部のバネが吹っ飛んでしまっているので、パスタに頼らないと開いた状態で固定できません…(>_<)


中に餌を入れておくと、なにかの罠みたいですね…(; ・`д・´)



こちらはCDの再生ができました(^^)


前回、中古で買った同モデルに付属のリモコンを使用しています。


外見はどうでもいい!
大切なのは中身!(=゚ω゚)ノ
(名言)


ということで
中身だけ入れ替えます!(^^)!



内部は
前回、中古で購入したものより使用感満載です(;^ω^)


やはりこちらも電池ケースに液漏れが確認できますのでクリーニングします!(^^)!



メカ部を外したところ…


基盤もできるだけクリーニングします!(^^)!



2つ購入しておいたガム型ニッケル水素電池をACアダプターで充電します。
ACアダプターはパナソニックのMDプレーヤー(SJ-MJ57)のを使用しています。



本来はSONYの4.5VタイプのACアダプターが理想ですが、一応、パナの3.5Vでも大丈夫なようです(^^)


ただし、充電時間にどれほど影響が出るかはわかりません(;^ω^)


肝心な音質ですが…
若干高音よりです。
低域はスカスカな気がします(;^ω^)


アナログアンプで省エネ設計なので仕方ないのかもしれませんね。


サウンド設定で2段階のDigital MEGA BASS が選べます。
通常はOFFにもできます。


CDテキストのマークが本体裏に書かれていますが、付属のリモコンはテキスト表示はできないので、上位機種のリモコン(RM-MC38ELなど)を使えば英数字の曲名などが表示できます。




D-EJ885には
アナログLINE出力に加え、丸形の光デジタル出力が搭載されていますので
光デジタル入力端子を搭載したアンプ、MDデッキなどに接続できます!(^^)!


なので
角型⇔丸形の光デジタルケーブルも購入しました!(^^)!





そしてちゃんと光も出力されているみたい…


SHARPのSD-VH90の光入力に接続


デジタル接続ができるところが良いですよね!(^^)!
それだけで活用の幅が広がります。


MDは衰退してしまいましたが、CDに関してはまだまだ主流なので
ポータブルCDプレーヤーって意外に便利だったりします。


そして何より、中古市場でもそこそこ人気なだけに
価格は高めだったりします(;^ω^)

でわでわ(^^)


スポンサーリンク

人気記事