ポテチの袋の開け口をヘアアイロンで閉じてみた!

広告

ポテチの残り、あなたはどうしてる?

どーも!省吾です!(^^)!

ポテトチップスとチートスを買いました!

ひとつずつ…と言わず、豪快に2つ一気に開けます(*´з`)

贅沢ですね(*´з`)

いや~ でも開けたのは良いけど、一気に全部は食べきれない…

といったとき、ほとんどの場合は袋の口の方を折り曲げてクリップなどで止める。というかんじで一時保管すると思います。

でも折り曲げた口の隙間から湿気が入ってせっかくのパリパリ感が台無しに… といった経験もアリかと思います(;^ω^)

そんな時はヒートシーラ―なるもの。

いちど開封した袋の口を加熱して再度くっ付ける。といった道具があれば便利ですよね!

しかし、我が家にそんな機械はない…(-"-)

ということで今回試してみました!(^^)!

用意したもの

アルミホイルとヘアアイロン!

上記のヒートシーラーも熱によって袋の口をくっ付けるわけで、それならヘアアイロンでも代用できるのではないか…!?

といった試みです。

ヘアアイロンは本来

こんなふうに髪の毛をストレートにしたりカールさせたりするために使うもの。

※写真はあくまでイメージです。
使用時のポーズなどは後々後悔のないようにご自身で判断しましょう。。

なので、今回のようなお菓子の袋を閉じるために使うのは想定外の使用方法となるためお勧めできません(=゚ω゚)ノ

実際に試してみる!

袋が溶けてくっ付いてしまわないようにアルミホイルを巻きました。

設定温度はまず120℃から試します。

ランプが青に変わったら準備OK!

開いた口をはさんで…

ゆっくりスライド…

くっ付きました!(^^)!

120℃設定では満足にできなかったので、最終的に180℃まで温度を上げました。

しっかりとくっ付いているようです!

もう一度開封したときに失敗しました(;^ω^)

この方法で止められるのは一回が限度かもしれません。

専用のイージーシーラーがダイソーで売っていました!

まとめ

開けた袋の口を閉じるヒートシーラーに形が似ていたので

「ヘアアイロンでも行けんじゃね?」と思ったので試してみました!

ヘアアイロンの本来の使用方法とは異なるためおすすめできません。常用するならやはりヒートシーラーを使いましょう!

今回使用したヘアアイロンは温度設定ができるタイプで通常の使用でも便利です!(^^)!

設定温度はマックスで230℃まで上げられます!

おすすめ記事

でわでわ(^^)/