ダイソーの低価格なLED電球60W形。150円と400円の2種類を比べてみた!

150円と400円の違いは!?

どーも!省吾です!(^^)!


今やLED電球がダイソーで買える時代になりました!
と言ってもまだ100円商品とはいかず…


しかし
メーカー製であればまだ1000円近くしますよね(*´з`)


今回はダイソーで売ってるLED電球を買ったので紹介します!


同じE26口金サイズでも
値段の違う2種類買ってみました。


(税別)400円(税別)150円


さて、なにが違うのだろう…(゜゜)


ちょうど台所の電球(こちらもLED)が弱ってきて光量が落ちてきたので交換ついでに試してみたいと思います!(^^)!


とくちょう

150円の方

  • 定格消費電力:7.3W
  • 定格寿命:15000時間
  • 明るさ:810ルーメン
  • 広配光タイプ(配光角度180°)

60W形相当の昼白色タイプです。

400円の方

  • 定格消費電力:7.3W
  • 定格寿命:40000時間
  • 明るさ:810ルーメン
  • 広配光タイプ(配光角度180°)

60W形相当の昼光色タイプ。

比べてみた



中身はこんな感じです。

電球部分はどちらもガラスではなくプラスチック製。


プラスチックかい!w


って思いましたが、今回取り換えるLED電球は東芝製ですがこちらもプラスチックでしたのでそういうもののようです。


そして両者の大きさを比べると
400円ほ方が一回りコンパクトです。


150円の方

少し温かみがある暖色系です。

400円の方


蛍光灯のように
白く”はっきり”な感じです。


両者の違いは
画像ではわかりにくいですが色に多少違いがあります。


というか、
昼光色と昼白色の違いって…


分かりにくい…(;^ω^)


150円の方は昼白色ですが、400円の昼光色の方が白く感じます。

まとめ


400円の方は定格寿命が40000時間と長いので
やはり値段なりのしっかりとした作りなのだろうと思います。


150円の方は電気を消したとき0.5秒ほど発光を続けていて(というよりフェードアウトしていく感じ)、内部のなにかしらの違いはやはりあるようです。


あとは好み…
といったところでしょうか。



こちらは交換した東芝製のLED電球(LDA6N-H)

40W形相当で明るさ485ルーメン。

2013年6月発売で当時の定価1,400円(税別)です。


そう考えると
LED電球もかなりリーズナブルになりましたね(*´з`)


とりあえずは150円のLEDで様子を見たいと思います。


関連記事
東芝製E26サイズのLED電球を分解してみた!


でわでわ(^^)/


スポンサーリンク

人気記事