ダイソーの(税別)500円のヘッドホンはイコライザを使えば許容範囲の音色になる

ダイソー、(税別)500円のヘッドホンを使ってみた。イコライザは必須!

どーも!省吾です!(^^)!


ダイソー商品としてはお値段たかめなヘッドホン



税別500円


今回はこのヘッドフォンのレビュー記事です!

外装



箱の裏には説明書きがあります。

仕様

  • 出力音圧レベル:115dB
  • インピーダンス:32Ω
  • 再生周波数帯域:20Hz~20KHz
  • プラグタイプ:3.5mm(ストレート型)
  • ケーブルの長さ:1.2m


箱の下

  • 超低音
  • オーバーイヤー型
  • 3.5㎜プラグ
  • 両出しケーブル
  • ケーブル長1.2m

超低音が気になります。




その実力はいかに…



本体




銀色のメッキ感が丸出しです(^^)



しかしダイソー商品で500円なので
期待をしていないわけではない…





イヤーパッドは、量販店で売ってるメーカー製のもこういうのあるよね~といった感じの普通のやつだったりします。


耐久性の違いはあると思います。。




調整する部分の針金のような部品は金属のようです。


さすがにここがプラスチックだったら耐久性が確保できませんよね(;^ω^)



左右の表記はここに書いてあります。


装着感


ハウジングの部分が可動式ではないので耳にフィットしないです。
なので耳の下側に隙間ができてしまう感覚んがあります。


また、長時間の装着には向いていなさそうな圧迫感もあります。


何はともあれ
装着はできたので一応音を聴くことはできそうです。。


音出し



用意したのはiPod classic


まずはこれで確認…


再生してみると…


実にモコモコ。。(;^ω^)


リバーブがかかったような空間に包まれ、
低域は説明通り多少は量感があります。


しかし、高域が全然不足していてまるで2WAYスピーカーのツイーターから音が出ていないときのようです。。






とりあえずイコライザを使ってトレブル(高域)をブーストします。


すると多少はマシに。


しかし今度はラジオのような音の粗さが際立ってしまいました。

そしてパワーがない。。
音に厚みがない。迫力がない。とでも言いましょうか。
ひたすら柔らかく鳴ってる。


もっさりとして、スピード感のない音…



ここで選手交代!



iPhone8

アプリを使ってグラフィックイコライザで各帯域を強制的に調整します。

使用したアプリはコレ!



Denon Audio


D&M Holdings





このアプリのグライコを使います。




グライコで良い感じになった設定はコレ。


ちなみにこのグライコは課金したら使えるようになります。



グライコで良い感じの音色になりましたが、パワーのないもっさりとした眠たい鳴り方は相変わらずでした。



まとめ


ダイソーに行ったら珍しいヘッドホンが売っていたので買ってみました。
500円とちょっと躊躇してしまう金額でしたが…

イコライザで調整してやれば使えないことはない…
という感じです。

そのままフラット設定では正直キツイのがあります。


しかしどんどんレベルアップしているダイソー商品に今後も注目していきたいと思います。
500円がOKならUSBメモリーとか出してくれないかな~


でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事