ice watch【アイスウォッチ】の電池交換のしかた。専用器具無しで蓋を開ける

ice watchの電池交換!

どーも!省吾です!(^^)!


数日前に気が付いたのですが、
私のice watch(アイスウォッチ)の時間が止まってる…(-"-)


まぁ、買って一度も電池交換をしていないので
確実に電池切れだろう…。


ということで
電池交換に挑戦(*´з`)


ところでice watchとは…?


ベルギー発のブランドで、日本では2010年頃から徐々に人気が出てきたようだ!(^^)!

そして私が持ってる今回電池交換に挑戦するモデルはコレ!


文字盤の上にBMW Motorsportsの文字

BMWとコラボのクロノグラフ2014年モデルです。

車のメーター類をイメージしたデザインがかっこいいですね!(^^)!



話がそれてしまいましたが…

では、電池交換の手順を説明します!

電池交換方法


電池交換には時計裏の蓋を開けなければいけません。


蓋の形からすると、専用の器具が必要みたい…

この形状をスクリュータイプと言います。





こういった器具を使って開けることができます。


しかし、わざわざ購入するのも…(;^ω^)



と思ったのでいろいろ調べると



なんと



おもちゃのボールでもなんとかなる。とのこと!(^^)!



なので
急遽、ダイソーで買ってきました!



おもちゃ売り場にあります。。



ボールを蓋に押し当てて

【OPEN】と書かれている方向(反時計回り)に回します。


根気よく回すとゴムボールとの摩擦で蓋が少しずつ緩んできます。




そして『パカっ!』っと!(^^)!




以外に小さめの電池が入っていました。

電池はSR927W




SONY製のSR927Wです。

どうやらこちらの電池、
SR927SWと大きさの互換性はあるものの使用用途が違うようです。



SR927W強電流向き
デジタル時計などに向いており、バックライト、アラームといった強い電力を必要とする時計向き


SR927SW弱電流向き
アナログ時計などの針だけを動かすタイプの時計向き。


となっています。
なので大きさが同じだからとSR927W向けの時計にSR927SWの電池を入れるとパワーが足りなくなるようです。


なのでSR927Wを探さなきゃいけませんが、近くですぐ手に入る…
というのは難しそう。。(;^ω^)


ネットで注文しようかな…


でわでわ(^^)/



スポンサーリンク

人気記事