キョーリツのアコギ用ハードケース【J-150】。安いけどどうなの?

ジャンボタイプのアコギ用、低価格なハードケース!


どーも!省吾です!(^^)!


唐突に!


今回の話題は…



アコギ用のハードケースを買いました!


キョーリツコーポレーション(KC)の
『アコーステックギター用ハードケース 鍵付き ブラウンレザー J-150』

ジャンボタイプのアコギ用
ギブソンのJ-200のサイズに対応。


【J-150】 が商品名で良いのかな?(*´з`)




で、この商品のレビューが少なかったのであえて書きます!


※当記事は画像を見やすくするために露出を変更しています。
閲覧時のモニターによっても色の変化がありますので色はあくまで参考程度にどうぞ。



商品名通りのブラウン色です。


内部はちゃんと木が使われている木製ハードケース。


見た目は…
普段からテイラー純正のハードケース、ギブソン J-45のボブレン製ハードケースを見られていることもあり、ちょっとチープな感じです。


値段が値段なのでそんなものでしょうか。。




しかしこの値段でここまでの作り込みもスゴイです。


中国製。





3ケタの番号式


番号はお好みで変更できます。


鍵付きのハードケースってなんか憧れますよね(*´з`)



他のハードケース同様に
ケース下と裏、横(蝶番)部分に突起があります。



パカっと!


シリカゲル2個付き。


深緑色です。



お約束の小物入れもあります!



気になるのがハンドル部分。


ここが頼りない…(;^ω^)



ちょっと浮いてたり…




ご覧の通りグラグラします。。



ハンドルは計4本のビスで固定されていて(片側2本)、その裏側がこちら↓



移動中にハンドルが外れて事故りそう((+_+))



移動中にハンドルが外れてガシャン!
高価なギターだと真夏でも真冬並みの体感温度に……(>_<)


(いや、だから、、青ざめて背筋が凍りそうだよね。ってこと!)



ほんとにJ-200入れて持ち運ぶ勇気はありません((+_+))




ここは改良の余地あり。


このビスの代わりにボルトとナットを使ってワッシャーを挟めば強度が上がりそうです。。(*´з`)




改良しました!(^^)!
キョーリツのアコギ用ハードケース【J-150 】のハンドル部分を改良した




これ以上は開けませんよ~(*´з`)

っていうよくあるヒモ




質感は値段相応です。



一応、このギターを保管するために購入しました。






ゼマイティスのCAJ-200HS


ゼマイティスのアコースティックギター【CAJ-200HS】ハート型のサウンドホール




メンテナンス中で弦を外しております。



このギターは購入時にソフトケースが付いており、
保管はハードケースが良いよなー。ってことでハードケースを探しておりました。



このゼマイティスもジャンボタイプのギターなので入りましたが

けっこうギリギリです。(;^ω^)



最初、ギターを入れるときにきつすぎて
『もしや…(=゚ω゚)』

と思いました。(;^ω^)





ヘッド部の大きさも幅がギリギリです。


ほんとにJ-200入るのかな…(;^ω^)



ギターを入れてフタをかぶせるときれいに閉まりません。


いかにサイズがギリギリか。が分かっていただけるかと思います(;^ω^)




とりあえず押し込めば閉まります(*´з`)



ケース3つ並べました。


上が今回購入したケース。


真ん中がギブソン J-45の純正ケース(ボブレン製)


下がテイラー純正ドレッドノートのケース。
テイラーのケースはテイラーギターに合わせてあるので通常のギターケースより厚さうすめです。



この3つでは
テイラーのケースがしっかりしています。ただ、テイラーのケースは重たい…

ギターを入れると約8kgあります(;^ω^)
持ち歩いてると肩を負傷するレベルです((+_+))



今回購入したケースについて
重量はJ-45のボブレン製とそんなに大差はない感じです。


ただ、ジャンボタイプのギターがそれなりに重たいので…



まぁ、お家で保管用ならこのケースでもいいかも(*´з`)
ハンドル取れそうだし…。




ギターをケースに入れて持ち運びたい!

ある程度は丈夫なものが良い!

なら、有名ギターメーカーの純正ケースとして採用されてるボブレン製のケースが無難です!(^^)!



でわでわ(^^)/


スポンサーリンク

人気記事