ノートパソコンのCPUを載せ替え!Core i7-3610QMの気になるベンチスコアは!?パソコンの放熱性能にも注意を!!



どーも!省吾です!(^^)!



今回はCore i7-3610QMのベンチマークテストを行います!


ベンチマークテストはかの有名なMAXONのCINEBENCHをつかいます。
CINEBENCH

Core i7-3610QMのマルチコア


  • Core i7-3610QMのベンチマーク……4.70pts
  • Core i3-3120Mのベンチマーク………2.48pts
  • Cerlero 1000Mのベンチマーク………1.46pts

Celeron 1000Mの時から比べるととてつもないアップグレードです(゜-゜)
そしてCore i3のスコアの倍はでました!(^^)!

シングルコア



  • Core i7-3610QMのベンチマーク……1.35pts
  • Core i3-3120Mのベンチマーク………1.03pts
  • Celeron 1000Mのベンチマーク………0.73pts

Core i7のシングルコアのベンチマークはCeleron 1000Mのマルチコアのベンチマークに迫るものがあります!(=゚ω゚)ノ

ついでに省エネ設定時のベンチマーク

ノートパソコンなどは持ち運ぶ機会があると思います。
そこで重要なのはバッテリーの持ち!
でもパワーもそこそこ欲しいわけです!(^^)!


なので、一応、省エネ時のベンチマークテストもしてみました(^^)


CPU性能を52%、動作周波数1.2GHz
フルパワーの約半分での動作テストです。



これ!


なんと、2.40pts
この数字はCore i3-3120Mのフルパワー時のスコアに迫ります!(^^)!


ということは、省エネモードでもCore i3並みの性能で使用することができる…ということですかね(^^)


ただ、Core i7は消費電力が大きいのでバッテリーにどう影響するのかは…不明です(;^ω^)

グラフィックス性能


OpenGL形式のグラフィックス性能を測定します!



Core i7-3610QMのグラフィックスはインテルHDグラフィックス 4000です。


画像の7番目のスコアはCore i3-3120Mだと思われます。
この2つは同じインテルHDグラフィックス 4000を搭載しているのでスコアは同じかと思いましたが、やはりここでもCore i7がリードしました!(^^)!



CPUグリスを塗りなおしてみた!


ふと思ったのは
CPUグリスを適当に塗っていた…ということ(=゚ω゚)ノ


なので、もう一度グリスの塗りなおしをします!


さっきはこのようにグリスを塗り伸ばしましたが、


今回はコアの中心に盛るだけ!


これで、ヒートシンクを乗せて広げます。


ベンチマーク再テスト!



おっっ!!(゜-゜)


スコアが上がりました!


4.70ptsから5.49ptsに!!

さっきはグリスが足りなかったのかな…(;^ω^)


ただ、ヒートシンクの性能がCore i7に追いついていないようで、ベンチマークテスト中はCPUの温度が80~90℃まで上がってしまいました(;^ω^)


私の環境ではフル稼働させることはほぼ無いのでたぶん大丈夫だと思います(;^ω^)


でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事