【ダイソー】税別500円のスマホ用ワイヤレス充電器を使ってみた。スマホの充電がラクに

広告

どーも!省吾です!(^^)!

ダイソーにもついにスマホ用ワイヤレス充電器が!

『ワイヤレスチャージャー』

急速充電対応。

価格は税別500円です。

仕様・説明

本体の裏にはいろいろと説明が書いてあります。

使い方をざっと説明すると、別売のUSB電源アダプター(スマホ・タブレットが充電できるやつ)と本器をケーブルでつなぎ、ワイヤレス充電対応のスマホを乗せるだけです。

出力2アンペア以上のACアダプター推奨。かつ、急速充電はQC3.0/2.0対応のACアダプターが必要とのこと。

サイドの赤と青の光で充電状況を知らせます。

  • 点灯:待機中
  • 点滅:充電中
  • 点滅:異物検出エラー・電圧電流異常検出エラー
  • 点灯:満充電
  • 点滅:温度上昇検出エラー

仕様

  • 入力:DC9V-1.67A(MAX)、DC5V-2A(MAX)
  • 出力:10W
  • 使用温度範囲:0℃~35℃
  • 保存温度範囲:-10℃~50℃
  • 無線距離:≦6mm
  • 付属ケーブルの長さ:1m

対応スマホ

ワイヤレス充電に対応したスマホ(Qi対応機種)

iPhoneは8以降のワイヤレス充電に対応した機種。

開封・外観

中身はシンプルに本体とUSBケーブル。本体はかなり軽いです。

本体裏には仕様が書かれています。

そして、滑り止めのゴム足がズレている。ネジをゴム足で隠しています。

ゴム足はシールでくっ付いるだけなので簡単に外せます。

サイドは透明になっていて、ここが青と赤に光って状態を知らせます。

使ってみる

使用するにあたって、USBのアダプターは別で用意しなければいけません。

今回はアップルの10Wのアダプターを使います。このアダプターは出力が5.1V、2.1Aあるのでワイヤレスチャージャーの推奨する範囲のアダプターになります。

充電に使用するスマホはiPhone8です。そして、現段階のバッテリースペックです。

残量19%、最大容量87%、充電の最適化ONです。

上の画像はほぼ終盤ですが、私の環境での充電時間は

バッテリ―残量19%開始から1時間の充電で61%

1時間50分で80%

3時間10分で100%

ただし、その後しばらく充電を続けましたが満充電状態にはなりませんでした。

今回使用した私のiPhoneのバッテリーの最大容量が87%なので機種によってはもう少し充電に時間がかかります。

ちなみに充電できない端末を置くと

このように赤色で点滅します。

分解

せっかくなので分解します。

ゴム足は簡単に外れます。本体はネジ4本で固定されています。

内部は簡素な作りです。

構造的にはIH調理器にも似ていますね。

ワイヤレス充電に対応したスマホは中にコレと似た薄いのが入っていて、電磁誘導によって充電器からスマホにエネルギーを飛ばします(笑)

これが主な部品です。

けっこうシンプルですね。

まとめ

iPhoneの充電は今まで有線でしていましたが、いかんせんケーブルの断線や端子部分の接触不良も発生しやすいので最近はこればかり使っています。

もちろんワイヤレス充電対応スマホに限りますが、あると充電がラクですよ。

急速充電に対応しているので、それなりのUSBアダプターを使えば『充電に一晩かかる。』といったことはありません。500円とダイソーの商品の中では高額な部類ですがそれなりに活用できます。

でわでわ(^^)/