【分解】SHARPの1ビットデジタルアンプ搭載のMDコンポ、SD-VH90のメンテナンスをしました。DVD 1-BIT DIGITAL SYSTEM


どーも!省吾です!(^^)!


SHARPのDVD 1-BIT DIGITAL SYSTEM 【SD-VH90】
のメンテナンスをすることにしました。


とくにMDデッキ部とCDデッキ部の埃除去です(^^)


この機種に限らず、マイクロコンポ全般に言えることですが、
内部がけっこう入り組んでおり、分解もあまり容易ではありませんね…( ;∀;)



現状、再生などには影響はなく普通に動作します!


分解開始!


ネジが多いので、後々余ったりしないように注意(笑)


まずは側面のカバーを外します。
裏側外周部のネジ(6本)と
本体両サイドの隠しネジ(各1本ずつ)を外します。


適当にネジを外していくと必要ないところまで外れてしまうので、その都度、必要最小限でネジを外していきます(^^)


うわ…(~_~;)

けっこう大変そう…


以前にも分解しているので見慣れていますが、、
何度見ても自信を失いそうになります( ;∀;)


トップの大きな基盤を外すために、まずはケーブル外し…


パワーアンプ部(デジタルアンプ)とその下にMDデッキがあります。


ちなみに
パワーアンプとMDデッキだけはこの部分のケーブルを外せば取り出すことができます。
そこのメンテナンスはしやすいようです(^^)



基盤のネジと
本体裏側のネジ(スピーカー端子、アナログ入力、デジタル入出力端子付近)のネジ5本と、バックパネル部のネジを外します(=゚ω゚)ノ


バックパネルを先に外すと作業がしやすいです!(^^)!
ケーブルに注意してください(^^)



前面パネルも外してしまいましょう!
本体下に1本ネジがあります。


あと、側面にアース線とフレキシブルケーブル。



えらいこっちゃ…( ;∀;)


左側のパワーアンプ&MDデッキ部を外さないと
DVDドライブ部にアクセスできません(;^ω^)


とにかくケーブル類が多く、元に戻せるかが心配になってきます…(; ・`д・´)



DVDドライブ部
最近の機器を見てしまうと…


配線が多いですね…



ピックアップ部の裏側です


レーザー出力調整用のVRが2つ付いています。



パワーアンプ部(1-BIT DIGITAL)とMDデッキ。


パワーアンプ部が前面の方に付いているのに驚きました!




まずはMD部

SHARP製のメカです。
内部は比較的きれいでした。



パワーアンプ部

熱持ちそうです。

ユニットになっているということは、アップグレードなんかもできそうですね…。


とりあえず
かるく掃除をしながらの分解でしたが、、

もとに戻すのも一苦労…(; ・`д・´)




音質は
やはり1BITなだけに良いです!(^^)!


スピーカーはONKYOのD-D2Eを繋げています。


各音の分解能もある方なのではないでしょうか。
部屋で大きな音を鳴らせないので小さな音量で普段は音楽を聴いているのですが、
電子ボリュームのため、左右の音量差もほぼないので、小規模のリスニングスペースに向いていますね。
また、デジタルアンプのため、小音量でもホワイトノイズを感じないです。


ただ、後ろのファンの音が気にならなければ…ですが(;^ω^)


ちなみにヘッドフォン端子はアナログアンプを使っているようです。


関連記事
【分解修理】ケンウッドのMDラジカセ【MDX-J3】CDの異音


でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事