【TDKのCDing2】ハイポジ 120分テープを手に入れた!120分テープって実際はちゃんと使えるの?

広告

どーも!省吾です!(^^)!

カセットデッキの説明書に書かれていた『100分を超えるテープは使わないでください!』の文字を思い出して、では、本当に使えないのか!?と思ってたまたま売っていたので買ってみました!(^^)!

TDKのCDing2 120分 ハイポジ

1本108円でした。

たぶん後期型と思われ、テープ:韓国製、組み立て:タイランドと書かれています。

CD録音に強いクリアサウンドとか、鮮やかな音…って書かれていたら購買意欲が掻き立てられますよね(*´з`)

一般的にはハイポジテープは「スーー」っていうヒスノイズが小さいと言われています。でも、テープが日本製ではないのが気になります。

はたして音質はいかに…

開封

いつも通り、普通です。インデックスやラベルシールがカラフルですね。

インデックスカードはこの裏側がちゃんと書けるようになっています。長時間テープゆえ、インデックスカードも大きめなのが良いですね!

こちらがテープ本体。

ビスは使われておりません。このころのテープはビス無しもけっこう多かったように思います。

テープパッドの位置が若干ゆがんでいます。そして、ハープのひずみも気になります…

遮磁板も入っていませんね。遮磁板って、いつごろからあまり使われなくなったんだろう…とにかくコストダウンが見えます(;^ω^)

テープ部分。

ハイポジなのでわかりにくいですが、120分なのでテープ自体が薄いです。

どれくらい薄いかというと、標準の60分テープがベース厚(磁性層4.5μmを含まないベースフィルムの厚さ)が13.5μmだとすると、64~90分テープでベース厚7.5μm120分テープではベース厚4.5μmとなります。

なんと、120分テープは60分テープの約1/3にまで薄くなってしまうわけです(; ・`д・´)

そりゃあ、伸びやすいし切れやすいと言われるわけだ…

今回使用するデッキはテープを両側2つのピンチローラーで挟んでヘッド類を通過させる『クローズドループ・ダブル(デュアル)キャプスタン』式。つまり、テープを両側のピンチローラーで【ピン】と引っ張ることになるのでその分テープへの負担もあります。

録音してみる

まずはキャリブレーション…

テキトーに半分近くまでテープを巻き取ってキャリブレーションします。使ったデッキはおなじみA&D GX-Z7100です!

ササーッ!っと合わせて録音しました。

とりあえず再生すると、確かにヒスノイズは小さい!さすがはハイポジ!ドルビーをかけた時のようです(=゚ω゚)ノ

しかし、なんか、音が…少しこもったり、開き直ったり…不安定です。

キャリブレーションモードのまま走らせてみました。。

すると、メーターがピコピコ安定しません。レベルもバイアスもピコピコちかちかしています。さすがに120分は薄く不安定だし、さらにテープが日本製ではないので質の問題もあるのだろうか…

SONYのHFを走らせてみた!

やはり気になるので試しにSONY HF 10分を使用してみました。こちらのテープも韓国、組み立てがタイです。

このテープを巻き始めから終わりまでキャリブレーションモードで走らせてみます!(^^)!

レベル、バイアス値を適正に合わせて…(=゚ω゚)じーっ

……テープの最後までメーター上はブレませんでした!!(^^)!

関連記事

まとめ

120分テープは片面に一気に60分録音ができて便利ですが、品質にはそれなりに左右されやすいようです。日本製ならもう少し信頼ができたかな…

テープが薄いので、製造時に高い精度が求められることは想像がつきます。また、デッキによっては巻き取りのトルクが高く、うすく伸びやすい100分以上のテープを使うのは少々リスクを感じます。

やはり音質を求めるなら60分までにした方がよさそうです!(^^)!

120分テープは使えないことはないが、それなりの覚悟が必要!

でわでわ(^^)/