PanasonicのCDラジカセ【RX-D45】の分解レビュー

広告

どーも!省吾です!(^^)!

パナソニックのCDラジカセ(RX-D45)です。

2013年製。 紹介がてら、内部の清掃をします!

特徴・外観

  • 8cmフリーエッジスピーカー&独立バスレフポート
  • フロントローディングCDトレイ
  • マイク端子
  • 出力2W+2W

近年の低価格なCDラジカセ。特にコレ!といった機能はなく、というかこの価格帯に期待するのもおかしいかな

そしてこちらのモデルの後継機種は現在でも販売されています!(^^)!

現行機種はワイドFMに対応していますが、旧型のこちら(RX-D45)は非対応。

CDはトレイ式。DVDプレーヤーのような薄いトレイが出てきます。たしかパナソニックのCDコンポのチェーンジャーはこのような薄いトレイが5枚付いていましたね(*´з`)

ディスプレイはバックライトなしのタイプ。表示も簡素です。

カセットデッキは安心の?ガチャメカ式。スイッチの経年劣化で動作不能になるということはなさそう。

マイク端子とヘッドホン端子は背面にあります。

マイクは何かを再生している時しか使えません。つまり、単純にマイクの音を出したいだけなら『テープモードでテープを入れずに再生ボタンを押す』

また、マイクの音量を個別で調整ができないので(メインボリュームに連動)カラオケをしたいなら注意が必要です。

底面には電池ボックスがあります。

単3電池4本はメモリーのバックアップ用。単2電池8本は駆動用です。

分解・清掃

基本的に底面のネジを外せば上部と下部で分解できます。

上部はカセットデッキ、下部はメイン基板とCD部がセットです(*´з`)

メイン基板も外します。

CD部は…
なんだか安いDVDプレーヤーみたい…

CDの読み込みは全然遅くはないのでCDに特化した設定になっているのでしょう(゜-゜)

スピーカー部。

8Ω3Wの8cmサイズ。

『独立バスレフポート』というだけあってシッカリ感があります。

スピーカーの斜め上に丸い型がありますが、海外向けのモデルではそこに高域用のツイーターが搭載されている機種もあります。

カセットデッキ部

可もなく不可もなく…といった具合です。

この価格では無理でしょうが、オートリバース機能がない分、壊れにくそうです。

個人的にうれしいのが、このリールに付いたバネ。

カセットを入れたときにカセット側のハブとこのリールの溝がかみ合わなかったときにカセットホルダーがきれいに閉まらない。という現象が起きます。本当にたまーにですが…

このバネのおかげでリール側が負けて引っ込んでくれるのでメカに負担がかからない…という(笑)

また、ヘッドはアジマス調整ができるタイプ。(不必要に触らないほうがいい)

音質

もこもこ…

ただ、プリセットイコライザで4種類(OFFも含めると5種類)から選べるので少しは幅が効きます。

パナソニックのオーディオ機器によくあるあのイコライザです。

【HEAVY・CLEAR・SOFT・VOCAL・OFF】

初期設定は「EQ1」のHEAVY

中音域のボーカルも濁って聞き取りにくいですが、価格を考えると仕方ないんでしょうね…(;^ω^)

でわでわ(^^)/