SONYのイヤホン【MDR-EX155】

広告

どーも!省吾です!(^^)!

とにかく安くて汎用性のあるイヤホンを。ということでいろいろと探していました。

スマホ用のイヤホンはリモコン付きの4極プラグになっていたりして、CDプレーヤーや他のオーディオ機器に接続するとバグったり音が出なかったりと問題があるので、3極プラグの汎用イヤホンはこういう時に便利です。

SONYのMDR-EX155です。

ずっと前にEX15LPという1,000円ちょっとの価格帯のイヤホンを使っていたことがあって、そのイヤホンが低価格な割に素直な音?(低価格だから素直な音なのか…)だったので今回もソニー製にしました。

こちらはお店によって価格が異なりますが、大体1,500円から2,000円といったところでしょうか。

開封

余ったケーブルを巻き取れる【ケーブル長アジャスター】が付属しています。ソニーのイヤホンにはよく付属していますが、この価格帯のものにまで…さすがです!

ケーブル長は約1.2mのY型。いたって普通のイヤホンです。

イヤピースはL・M・S・SSの4種類で最初からセットされているのはMサイズです。

L・M・Sの3種類のサイズにはけっこう違いがありますが、SとSSの違いは一回りくらいでよーく見ないとわかりません。

横から見ると高さが違いますね。

ちゃんと確認しないと両耳でサイズが違う…ということになりかねません。というか、人間の耳は厳密には両耳でサイズが違うと思うので、各耳にできるだけ合ったサイズのイヤーピースを付ける方がいいのかもしれませんが…

試聴

価格が価格なので期待は禁物ですが、試聴してみます。

個人的にこういったカナル型と呼ばれるタイプのイヤホンは耳が圧迫されて痛くなるのであまり好きではありません。しかし、インナーイヤー型と呼ばれるタイプは手ごろな価格帯があまりなく、極端に安いか少し高価な製品しかなかったので、まぁ、仕方ありません。

イヤーピースをまずはSサイズから試してみます。

装着感は軽くなりいい感じなのですが、やはり密閉度が落ちるので音が上ずった感じになってしまいます。

iPhoneなどでもいろんな音源を聴いてみました。

音と装着感のバランスはMサイズがベストでした。個人差があるのであくまで参考程度にお願いします。

もう一回り大きめなLサイズまで付属しているので付属のものでダメな人は少ないと思いますが、量販店などで汎用のイヤーピースは手に入るのでとりあえず大丈夫でしょう!

音はわりとドンシャリ気味です。イヤーピースをSからMにしたことによって低域も持ち上がります。

個人的にオーディオテクニカはキンキンしすぎるのでこれくらいがちょうど良いです。

でわでわ(^^)/

広告