パナソニックのデジタルアンプ『D.SOUND』エンジンってこういうこと!


どーも!省吾です!(^^)!


一昔前、パナソニックのポータブルプレーヤーには
デジタルアンプの『D.SOUND』なるものが搭載されていました。


しかし調べてもなかなかその情報は出てこない…


ということで
現代のインターネットという最強のツールを使って調べてみることにしました(^^)



D.SOUNDってなに?


パナソニックのサイトによれば、

D.SOUNDとは、「デジタルアンプ」「新高音質インサイドホン」「新イコライザー」の3要素

ワンランク上のハイクオリティサウンドを徹底的に追求したパナソニックの高音質デジタルサウンドシステム。


「デジタルアンプ」…新1チップLSIを内蔵。原音を忠実に再生、クリアな高音質サウンドを楽しめます。


「新高音質インサイドホン」…ヘッドホンで聴いていながらも臨場感豊かなサウンドが楽しめます。


「新イコライザー」…お好みの音質が選べ、高音質で楽しめます。


ということらしい(;^ω^)


ちなみに『LSI』とは、中身が詰まったIC(集積回路)のことです。


『D.SOUND』いつ頃から搭載されたの?


機種をたどっていけば、2003年9月に発売された
ポータブルCDプレーヤー『SL-CT710』から
搭載され始めたようだ…


ポータブルMDプレーヤーでは2003年11月に発売された『SJ-MJ97』と『SJ-MJ57』というモデル。




SJ-MJ97
『SJ-MJ97』は、当時、世界最小コンパクトサイズのMDプレーヤーで、
なんと
本体のフタ部分にはジュラルミン、キャビネット部には高硬度アルミニウムを採用した頑丈なプレーヤーだったようです。!(^^)!


その同時期に発売されたのが光るシースルースピーカー「エア―ドライブ」で話題の『SJ-MJ57』です。


あ、一番上の画像のMDプレーヤーがそれです!


しかし、その前(2003年7月)に発売されたポータブルMDプレーヤー『SJ-MJ17』にもデジタルアンプが搭載されていました。しかし、パナソニックのサイトによれば、このモデルに『D.SOUND』という記載はなく、『D.SOUND』の前身であろうと思います。

2003年7月1日発売 SJ-MJ17

当時話題のデジタルアンプ


2003年以降、各社のポータブルCDプレーヤーやMDプレーヤーにはデジタルアンプが搭載され始めました。
アナログアンプで問題だった、音量が小さいときに聞こえた「ジー」といったノイズがかなり解消され、また、バッテリー持ちもかなり良くなっていきましたね!(^^)!


そして小型化!
従来のアナログアンプタイプのモデルよりも薄く、軽く作ることができます(^^)


・メーカーはKENWOODになりますが、
こちらはアナログアンプタイプのポータブルMDプレーヤー内部です。
【分解清掃】KENWOODのポータブルMDプレーヤー DMC-P55 内部を掃除してみた!


・パナソニックのSJ-MJ57の内部。
【修理】Panasonic ポータブルMDプレーヤー SJ-MJ57 MDを読み込まない!


デジタルアンプと言えば
いまだに人気を誇るSHARPの1ビットデジタルアンプではないでしょうか(^^)
ΔΣ方式のこのアンプは、ほかのアンプにはないアナログ感があります。

SHARP SD-VH90


それにしても
当時、浜崎あゆみさんが出演したCMでD.SOUNDを宣伝しまくっていたのに、あまり情報が残っていませんね…(;^ω^)

『D.SOUND』と『D-SOUND』表記の違い


調べてみると最初にぶつかった壁がこれでした。
『D.SOUND』なのか『D-SOUND』なのか…


なんで表記が2つあんねん!?


ポータブルMDプレーヤー本体には『D.SOUND』の表記



報道資料も『D.SOUND』表記


そしてなぜか
パナソニックのサイトでは『D-SOUND』の表記(~_~;)


統一してほしかった…



ということで


でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事