iPhoneやiPadでUSB機器が使える。ERUNの【Lightning to USB Camera Adapter】を使ってみた!


どーも!省吾です!(^^)!


マランツプロのUSBマイクロフォン【MPM-2000U】の導入にあたって、アマゾンでUSBをライトニングに変換する『Lightning to USB Camera Adapter』を購入しました。



ERUNのLightning to USB Camera Adapter


iPhoneやiPadにはUSBを直接繋げることができないので、こちらのアダプターを使います。
右側はUSB端子。左側はLightning端子


iPhoneやiPadを充電しながらUSB機器の使用ができるスグレモノです!(^^)!
Apple純正だとけっこう高価なんですよね~(;^ω^)


前回のブログ記事で、マランツプロのUSBマイクロフォン【MPM-2000U】を接続して使うことができたので、今回はUSBメモリーやSDカード、パソコン用キーボードなどを接続して使えるか試したいと思います!(^^)!


ちなみに100mAhまでの機器しか対応していないようです。


USBメモリー


私が所有しているのは二種類!


・東芝製の8GB

・サンディスク製『Cruzer Blade』の16GB


最近はクラウドにデータを預けることが多いのであまり使わなくなりました…


パソコンでの使用感は
東芝製の方が転送速め!


まずは
東芝製から…

……

……

……!?

消費電力が大きすぎて使えませんでした。(>_<)


気を取り直して
今度はサンディスクの『Cruzer Blade』16GB


……

……

………(;^ω^)


無反応(笑)


ケーブルを一度抜いて再確認しましたが、認識さえされませんでした…


こちらも使えなさそう(>_<)


コンデンサーマイクは使用できたので
USBメモリーの方が電気をたくさん使うのですかね(;^ω^)


省エネタイプのUSBメモリー?なら使えるのかな…(;^ω^)

SDカード


SDカードはリーダー・ライターが必要なので
とりあえずダイソーで買ってきました!(^^)!


転送速度は100円商品なので期待は禁物です(*´з`)



使用できるカードは

・TF/Micro SD 2GB~4GB

・SD 2GB~128GB

・M2 2GB~4GB

・MS/MSPRODUO 2GB~128GB


手持ちは

・シリコンパワー製の32GB マイクロSD

・ELSONIC製 16GB SDHC

・東芝製の『EXCERIA』16GB


これらのSDカードが読み込めれば
EOS 80Dで撮影した写真をすぐにiPadに取り込めます!(^^)!




一応認識できました!


マイクロSDの32GBも直接読み込めました。
EOS 80Dで撮影した動画も取り込めるようです。


ただ、RAWで撮影したファイルの取り込み方が分かりませんでした(;^ω^)
表示はされるのですが、iPadのどこに保存されてることやら…"(-""-)"


何度か取り込みを試みたのですが、iPad側でその保存されたデータの場所が探せず、、
後で同じ画像がたくさん出てきたらどうしよう…Σ(゚Д゚)

USBキーボード&マウス




ロジクールのナノレシーバーを使ったキーボードとマウスで実験!



メモを開いて入力してみました。


一応可能らしい…
ただ、Windowsで使用するように、キーボードの機能をフルに使うことはできず…


当たり前か……(;^ω^)


マウスは…
反応しません。


どうやらiOS自体がマウス入力に対応していないとのことです(;^ω^)


そもそもタッチパネルで操作することが前提に作られたOSなので、キーボード入力ができるだけでありがたいのです(^^)

まとめ


アマゾンで購入したERUNのLightning to USB カメラアダプターとダイソーで急遽購入したSマルチカードリーダーのレビューでした。


マルチカードリーダーの方がUSB2.0までの対応なので、少し取り込みが遅い気がしますが、、とりあえず私の環境では問題なさそうです!(^^)!


EOS 80Dの画像を外出先でiPadに転送するときはWi-Fi転送にも対応しているので、直接SDカードからRAWデータで取り出せなくても何とかなります(;^ω^)


でわでわ(^^)/


スポンサーリンク

人気記事