ラジカセでカセットテープに録音するとけっこう高めの録音レベルだったので2台の機種で比べてみた

ラジカセを使ってカセットテープに録音!



どーも!省吾です!(^^)!

カセットデッキでカセットテープに録音するとき録音レベルを設定します。
適正な録音レベルで録音しないと、


  • 録音レベルが大きすぎる…音が歪む

  • 録音レベルが小さすぎる…音の迫力がなくなるうえ、テープのヒスノイズが目立つ


といった状態になってしまいます。


その点CDラジカセは
録音レベルは自動で調整されるものがほとんど。


で、
自動で録音レベルが調整されたテープをカセットデッキで再生させてみると
その録音レベルの高さにびっくりしてしましました!( ゚Д゚)


今回使用したCDラジカセは2台


SHARPのQT-C600

1993年製
バブルラジカセ…とは言い難い年代ですが、
カセットテープがまだまだ中心の時代です。
ただ、ノーマルテープ専用仕様。


パナソニックのRX-MDX81


2003年製。MDも搭載しているMDラジカセです。
この時代はMDが流行中のため、
カセットデッキはおまけ程度。


ただ、さすがはパナソニック。
録音はノーマル専用ですが、
再生はハイポジとメタルにも対応しています。


いままで録りためたテープをMDに録音できるように。というやさしさでしょうか(*´з`)



使用したテープはSONYのHF 10分
2018年現在はもう生産されていません。


テスト方法は

  • A面にQT-C600で録音
  • B面にMDX81で録音


テキトーにあったCDから同じ曲を録音します。


録音したテープをカセットデッキAKAIのGX-Z7100で再生。



QT-C600で録音したA面
ピーク時のレベルが+6dBまで上がりました(; ・`д・´)


えっ!?
そんなにハイレベルで良いの!?(゜゜)


ヘタレなわたくしは録音レベルを高く設定しても一瞬+4dBに届くくらいまでです(;^ω^)


基本、一曲通してレベル高めでした。


RX-MDX81では
ピーク時のレベルは同じくらいまで上がりました。
が、すぐにメーター上の0dB以下になったり、録音レベル自体は低めな感じ。


迫力はQT-C600での録音に軍配が上がります。


しかし、
両者とも、録音レベルが自動で調整されているので曲全体の音量は均一です。
なんだかコンプがかかったような…


ポータブルプレーヤーで再生するには良いかもしれませんね。

まとめ

CDラジカセでテープに録音すると、けっこう録音レベルが高かったことに驚きました。
いや、カセットデッキで自分で録音レベルを調整してもそこまで上げませんもの…(;^ω^)


つまり、テープ自体はこのくらい録音レベルを上げても大丈夫…ということなのか。


でもまぁ、ぎりぎり歪んでいないところを見ると大丈夫なんだろうな…


なんだかまとまりがなくなってしまいましたが、
CDラジカセでカセットテープに録音するとけっこう高めに録音レベルが設定されていたので2台で比べてみた。でした!


でわでわ(^^)/

スポンサーリンク

人気記事